HOME~妻で母で私らしく~若女将の日記日常 > 親子2代で・・・広橋さん
日常

親子2代で・・・広橋さん

昼食中のお馴染み広橋さん。

トーストとコーヒーがいつものスタイル。

広橋さんのお父さん(青木さん)もまた、古いお馴染みさんでした。

親子2代でお越しいただいているお客様です。

青木さんは亡くなられて20年以上になるでしょうか・・・・。 おだやかでやさしい人でした。

湯治の常連様

私はとても小さかったので、『青木のおじいちゃん』 という名前の響きを覚えている程度なのですが、 広橋さんは、「父親は、よくあなたの事を話してたわよ」 と聞かされ、古い時のしらさぎや木造の匂いを思い出しました。 「父があなたの事を『ついこの前までは、ハイハイしていたのに保育園に通いはじめてたよ』 と驚いたように家に帰って話していた事を思い出すわ・・・。」

広橋さんがなつかしそうに、話してくれた。

「私も、あなたのお子さんを見て同じ事を思うのよね。 父がいつも感じていた思いってこれなんだなぁ・・・と思うわ」

私も広橋さんもお互いの話をそんなに深く知る訳ではないのに すごく身近に感じられ、同じ温かい懐かしい思いを持てるのは まぎれもなく青木のおじいちゃんのおかげだ。

今は亡きおじいちゃんがつなげてくれた縁なのだと ありがたく思った。

宿泊プラン・ご予約はこちら
PAGETOP