HOME~妻で母で私らしく~若女将の日記日常 > 椿小学校の生徒さんが旅館見学に
日常

椿小学校の生徒さんが旅館見学に

 今日は、地元の 「椿小学校」 の生徒さんたちが
地域の観光業を勉強するため
旅館に来てくれました。

以前から、何度か来てくれていますが
いつも女将(母)が担当しています。
今回はじめて担当する私のお話で「大丈夫かな?!」
と心配しつつお勉強会がはじまりました。

椿小学校の生徒

 私も25年ほど前に通った椿小学校。

みんなを前に私の気持ちは完全にその頃に
タイムスリップしていました。

実は私が卒業する年に、木造の校舎が火事になり
全焼しました。
机も椅子も本も・・・飼っていたカメや金魚も
何もかもが燃えて無くなってしまいました。

はじめて経験したどうしようもない悲しみと
それを支えてくれた全国の人たちから届いた
励ましの手紙や贈り物。
あの頃の思いが静かに私の胸に蘇ってきました。

今日、来てくれた生徒さんたちが
通うのはその後、建て替えられた校舎です。

あれから、ずいぶんと年月が流れたんだなぁ~と
改めて思いました。

今の校舎に、私たちが卒業制作で作った
「昔の校舎」の彫刻が飾られています。

焼けて無くなってしまった校舎を忘れないで・・・・
と思いを込めて作りました。

不器用な私は
彫刻刀で指を何度も切ってしまい、結局全部の指に
バンソウコウが・・・・・。
痛い思いででもありますが懐かしいです。

みんなが今日、来てくれたおかげで色々な事を
懐かしく思い出すことができました。
 ありがとう。 

それから、引率の三栖先生は高校時代の同級生です。
その当時から、まじめでやさしい人柄が変わってなくて
久々にお話ができ嬉しかったです。
ありがとうございました

「お風呂は何種類ありますか?」

「何人働いていますか?」

「お客さんでは男の人と女の人ではどちらが多いですか?」

など次々たくさんの質問をしてくれました。

用意してくれていた質問以外にもたくさん質問がでて
良かったです。

色んなお話をしたなかで
みんなの心には何が残ったかな?!

 「湯治」 という言葉を知ってもらう
きっかけになってくれたら嬉しいのですが・・・・・・。

椿温泉はどこにも負けないすばらしい泉質の温泉で
その温泉に入る為、たくさんのお客様が
訪れてくれています。
そして、痛みや疲れを回復されお湯に感謝し喜んで
帰られます。

みんなは、そんなすばらしい町で暮らしているんだよ
「椿」という自分の町を誇りに思い好きでいて欲しいなと思います

宿泊プラン・ご予約はこちら
PAGETOP