日常

長い長い夜の話

皆さま こんばんは

それは午前3時

何やら、となりの部屋から物音が・・・

ガサガサ・・・

カリカリカリ・・・

ぶぶぶーーーーん

怖いよ~なに?!  なに?!

よく、アニメや漫画で

怖いものに遭遇したとき

 「ゴクリ」  って唾をのみこむシーンって

おおげさな表現だと思っていましたが

あれほんとですね。

確かに私の のども ゴクリ と音をたてました。

そうっと 様子をうかがうと

その正体は・・・

わが家の カブト虫さま でございました。

虫かごから逃げ出して

なんとも元気にそして

なんともすごい勢いで

ぶ~ん ぶ~ん 
と部屋中を飛び回っております(汗)

「・・・・・・」

パパを起こそうかと悩みましたが

この時間にさすがに起こすのはかわいそう。

それにしても

虫かごに入っているときと違って

なんて力強いんだろう。

野生的な感じ。。。

怖いゾ。 

こわい・・・けど

どうにかしよう。

なんとかしなくては、自分で。

そう、こんなときはお得意のあれだ!


怖くない。怖くない。

私はカブト虫が大好き。

私はカブト虫とお友達。

なんて可愛いカブト虫さま。

大丈夫。大丈夫。


そうです。暗示をかけるんです。自分に。

私はこれをよくやります(笑)


そして気合を入れカブト虫さまに

いざ!むかおうとしたその瞬間。

それを察知したのか

あちらからものすごい勢いで

ぶぶぶぶぶーーーーーん!!!

飛んできてくれ

私の肩に。。。。。


ぎゃ~あああああ

あまりに突然のことに
暗示も何もふっとんだ私でした。

無事に、虫かごにかえし

ようやく眠りについた私。。。。

といいたいのですが

あんなに元気に飛んでいた

カブト虫の姿を思い出すと

なんだか切なくなってきてしまいました。

逃がしてあげるのが一番幸せなんだと
分かっていつつ

娘が一生懸命お世話しているし、

それにぎんちゃん(同級生の男の子)が

大切にしていたカブト虫を

くれた気持ちを思うと

そうもできず、あれこれ考え

3倍大きな虫かごにお引越ししました。

カブト虫さまが少しのびのびしているように

見えるのは私の勝手な思い込みかな。。。。

そんなこんなで私の長い夜が終わりました。

おやすみなさい。 

宿泊プラン・ご予約はこちら
PAGETOP