HOME~妻で母で私らしく~若女将の日記日常 > “アヤたん” のママ
日常

“アヤたん” のママ

朝一番、鏡をみて・・

ふぅぅ~。。。深い ため息が出る。

あ~あ。 もう! ほんとうに嫌になる。

「醜い!!」  また今日も大きく膨れ上がった顔と身体。

自分がどんどん自分じゃなくなっていく。。。

というより、人から珍獣へと変わっていく。。。。

恐怖感すら抱いてしまうほどに。。。。

おおげさではなく、日々 ほんと大きくたくましく
なってます

薬の副作用って恐ろしい。。。。

冷たい水でバシャバシャ!顔を洗い

私は思う

神さまが与えてくれた ココロを磨く、

そして強く やさしく する大切な時間だと

いつもそう感謝しているはずなのに。。。。

悶々とするのはやめ!私らしくもない。

大切な今なのに。

それを素直に受けいれようっと!

ふか~く深呼吸をして はじまりました月曜日でございます


さて、さきほどお買い物をしていたら

となりで3歳くらいの可愛らしい女の子とママがいて

み~ちゃん と呼ばれているその女の子が
私の方を指差し にっこり。

「ママ~!!“アヤたん” のママいるよーー」 と。

私もつられ にっこり。

ごめんなさ~い という表情で女の子のママは

「 ちがう 。ちがう。 アヤたんのママちゃうよ。」

なんだかすごい否定の仕方。

もちろん私は “アヤたん” の ママではありませんけれども。

いいのですよ。み~ちゃんママ。 そんなに否定しなくとも。

よく似た人はいるものですから。

そう思った瞬間、

み~ちゃんのパンダの付いたポシェットから

とりだされたぬいぐるみ。。。。

それは カバ!! 
そして その まんまるとした大きなお顔のカバさんに

一言。。。

「アヤた~ん 」 

あはははは・・・・・・・。笑うしかない わ・た・し・

その横で顔面蒼白のみ~ちゃんママ。

こんな場面って
笑うしかないって本当ですね(苦笑)

子供は正直なので

「おうちに、アヤたんのママあるんやけどな、
似てる にてるぅ~」 

と さらに私を指差し にっこり。

「うん!似てるー。 」

み~ちゃんよ。 あなたは何も間違っておりませんことよ。

悲しいかな いや 面白いかな

ほんまに似てました。 ほっぺたのふくらみ具合も
肩の肉のつき具合も。。。。

み~ちゃんママが泣きそうな顔で

すみませんと何度も 頭を下げるので

なんだか恐縮してしまったのだけれど・・・。

豚から牛へ そしてカバへと 進化を続けるわたし。

今度は何になるのでしょうか・・・

こうご期待。でございます。

朝の深いため息も み~ちゃんのおかげで

ひらきなおれたというか 笑いに変換できました!

この出会いに きっと神さまがいるな!と思いました。

み~ちゃんは神さまのお使いの天使だったのかも。

み~ちゃんよ。このまま素直に育ってね。 

私も笑ってまいりますよ

宿泊プラン・ご予約はこちら
PAGETOP