HOME~妻で母で私らしく~若女将の日記日常 > 音符に羽がはえていました
日常

音符に羽がはえていました

「あたしピアノが弾けるアイドルになりたい!!」

少女マンガにでてくるような キラキラの瞳で
夢を語る娘。。。5歳くらいだったかな

ピアノをポロンポロンと奏でながら...
楽しそうに歌う姿が愛らしかった。

そんな娘から
「ママ・・・もうピアノいやや」と聞かされたのは
一年前。。。

その当時の先生のレッスンでは
基礎をしっかり叩きこむ!表現力をつける!
コンクールに挑戦し
レベルの高い曲を練習する日々・・・

音符に羽が生えてるようやな~って
思い聴いていた娘のピアノの音が

いつしか無機質で冷たい音になっていた。

ものすんご~く悩みました。母として。。。

もう少しがんばらせて試練と向き合わせるか
それとも、やめさせるのか・・・。

「少し休憩しよう」 私のだした決断。

時を経て、巡りあった新たな先生。

その先生の元での初めての発表会でした。

写真を撮る手が震えてシャッターが
なかなか押せなかった。

曲は「白鳥の湖」 

私には美しい一羽の白鳥が見えました。

厳しく基礎をたたき込んでくれた先生がいてくれ、

もう一度ピアノを楽しむ気持ちを取り戻させてくれた先生
がいてくれたからこその音。。。

この日の娘の奏でる音符には羽が生えてました!!

私にとって、一番心に残る発表会です。

ありがとう。

発表会

発表会

宿泊プラン・ご予約はこちら
PAGETOP