HOME~妻で母で私らしく~若女将の日記日常 > 赤ちゃんのお部屋に・・・・
日常

赤ちゃんのお部屋に・・・・

未熟児で産まれてきた愛息子。

産後1ヶ月、NICUに入院しておりました。


母乳を毎日届けるのが

唯一私が息子にしてあげられること。

病院までは車で30分。

肩や指の痛みに耐えながら、辛い日もあるのだけど

でも、息子の顔を見るとそれを

忘れてしまうから不思議です。

帰りの車で、思い出したように 身体のあちこちが痛み出します。

そんなとき、

形のない目には見えない

その大きなものの存在を

改めて想います。

「愛」 なんだな~ と・・・

さて、そんなある日、7歳の娘が

「私も何かしてあげたい」 と。。。

赤ちゃんのお部屋に飾る絵を描くことになりました。

桜・・・

私の大好きな花のひとつです。

淡いやさしい色の花・・・・

女性らしい可愛らしさと

散ることを恐れず一斉に咲き誇る潔さを

持ち合わせたその花に

どうしようもなく惹かれてしまいます。

花びらが春の風に舞うように

ふわりと 心がさらわれて行きます。


う~ん。うまく説明ができませんが。。。

桜の花を眺めていると

気持ちがまっさらになります。

素敵なお花です。

話がずれてしまいました。

赤ちゃんのお部屋に・・・・

  舞花作 

赤ちゃんのお部屋に・・・・2

  わたし作 

娘とふたりでお花を描きながら

赤ちゃんの帰ってくる日を あれこれ想像しました。

それだけで 幸せ。

赤ちゃんのお部屋に・・・・3

赤ちゃんのいない お部屋は 少し寂しいけれど

赤ちゃんベットに、たくさんのオムツ

やさしい色のぬいぐるみに くるくる回るオルゴール

あ~あ なんてやさしい空間なんだろう・・と思います。

そして、そこに私たちの絵も加わりました。

赤ちゃんのお部屋に・・・・4

男の子なので、鯉のぼりの貼り絵も作りました。

色紙を張り合わせて作った この鯉のぼりのように

私たち家族も早く一緒に過ごしたいな。。。。

そんなことを願う一日でした。

宿泊プラン・ご予約はこちら
PAGETOP