HOME~妻で母で私らしく~若女将の日記日常 > 椿小学校の閉校式を終えて。母と子の0%への挑戦。
日常

椿小学校の閉校式を終えて。母と子の0%への挑戦。

椿小学校閉校式」を終えて

 

 

母として育友会長として走り続けた一年。

 

本当に心も体も休まる日はなかったな。

 

 

次年度は在校生が息子ひとりとなる状況で

 

 

統合はやむを得ないという声があがるのも当然のことでしたし

 

 

私もそのことは育友会長としても理解しておりました。

 

 

でもね、たったひとりの在校生が

 

「学校を残してほしい。ここで卒業したい」と涙を流し訴えてきた時

 

会長としても母親としても、子供の声に寄り添いながら・・・

 

 

可能性が0%!だとしても

 

 

大切な学校を守るため必死になる!最後まであきらめない!

 

 

そんな大人がいること、そしてそんな大人の背中を 見せてやることが

 

 

今、私がやるべきことだと思いました。

 

 

区の会議で泣きながら子供の想いを訴えたこともあったな。。。

 

 

統合が決まってからは、現実を受け入れ、悲しみを乗り越え

 

 

前向きになることを子供と共に経験してきました。

 

 

だから、私も息子も一生懸命にやったという達成感と 自信に満ちています。

 

閉校記念行事で在校生の言葉を伝えた息子。

 

一生懸命に自分で考えていた挨拶。

 

「寂しさを乗り越えて新しい学校でがんばります。

 

 

先生、地域の皆さん、卒業生のお兄さんお姉さん。

 

 

これまでぼくをたくさん支えてくれて、助けてくれて、

 

 

笑顔にしてくれてありがとうございます。

 

 

僕は、本当に先生や・友達や・地域の皆さん そして家族が大好きです。

 

 

椿小学校が大好きです。」

 

 

その言葉を聞いて全て報われました。

ありがとう。。。椿小学校。

 

 

そしてたくさんの悲しみを乗り越え 強くなった息子に

 

 

心から拍手を贈ります。0%への挑戦はやはり叶わなかったけど


その経験から得たものは宝です。本当にありがとう。

宿泊プラン・ご予約はこちら
PAGETOP